【低価格で高品質】DTP制作・WEB画像制作!白抜き、切り抜き、レタッチ、画像加工、写真加工ならデザインプラスワン

MENU

【初心者必見】今更ひとに聞けない写真加工の基本を大公開!

最近はプロではない一般の人も写真を加工することが普通になってきました。SNSに写真をアップしたり、フリマで商品を出品するのにも写真は必須ですよね。

そのままの写真をのせるのもいいですが、他の人の写真と比べると「自分の写真はなんだかぱっとしない。」「自分の目で見た景色はもっときれいだったのに」と思ったことがある人は多いのではないでしょうか。

どうせ写真をのせるのであれば他の人にもきれいだと思われたいですよね。

けれど、いざ写真加工をしてみようと思っても用語が多くて結局できなかったという人も中にはいるのではないでしょうか。

そこで、写真加工の基本用語と操作するとどうなるのか、初心者でもこれさえすれば写真の印象がガラッと変わる操作を紹介します。


写真加工の基本用語

写真加工に使うソフトやアプリにもよりますが、分かりやすい言葉で書いてあるものもありますが、中には用語で書かれているものもあります。

どんなソフトやアプリにも対応できるように、写真加工で使われる基本用語は押さえておきましょう

彩度

色の鮮やかさのことで、彩度を高くするとより鮮やかになる。

明瞭度

色の輪郭を調整でき、強くすると輪郭がはっきりする。

コントラスト

明暗の差を調整でき、高くすると明暗がはっきりする。

シャドウ

写真の暗い部分を調整でき、高くすると影が明るくなる。

ハイライト

写真の明るい部分を調整でき、高くすると明るい部分がより明るくなる。

フェード

写真全体のコントラストを調整でき、強くすると霧のような加工になる。

ティント

青み赤みの調整ができ、小さくすると青みが増し、大きくすると赤みが増す。

ビネット

斜視位の四隅周辺の明るさを変更できる。

レタッチ

写真加工や写真補正をすること

初心者でも使いやすいソフトやアプリは基本用語ではなく、分かりやすい言葉で書いてあることが多いですが、プロも使えるようなものは基本用語で書かれていることが多いです。

全く何も知らないよりも、少しでも知っていれば今後役に立つこともあると思うので、頭の片隅にでもとどめておきましょう。


基本的な写真加工3つ


写真加工初心者の中にはあまり写真加工経験がないのにソフトやアプリにある機能全てを使おうとする人がいます。

写真加工も自転車と同じように練習して少しずつコツを掴んでいくしかありません。

そこで写真加工初心者の人にまずマスターしてほしい基本的な写真加工を3つ紹介します。

トリミング


トリミングとは写真の必要なところだけを切り抜くことです。写真加工の基本中の基本となります。

1回の撮影で満足できる完璧な写真を撮ることはプロのカメラマンでも難しいのではないでしょうか。

ここで注意してほしいことは、トリミングとリサイズは違うということです。リサイズは画像の縦横の比率はそのままで大きさのみを変更します。一方、トリミングは画像の好きなところを好きな比率で切り取れます。

例えば、長方形の画像を正方形にしたいときはトリミングすることになります。

明るさ調整


写真加工初心者は、明るさの調整よりもワンタッチで済むフィルターを使いがちですが、実はフィルターをかけるよりも明るさ調整をするほうがいい写真になりやすいです。

明るさ調整には、写真そのものの明るさを調整する他に、ハイライトやシャドウ、コントラストなどがあります。

私も実際にしてみましたが、文章でどうこう言われるよりも、実際に調整してみるほうが分かりやすいです。

写真加工は編集する写真を見ながらの作業になりますので、自分がいいと思うように調整しましょう。

中には加工前と加工後の写真を比較できるソフトやアプリもあるので、慣れてきたら自分の使いやすいものを探してみましょう。

色合い調整


実際にとった風景と撮影した写真とで色が少し違うと思ったことはないでしょうか。

撮影した写真の方がきれいならいいですが、大抵の場合が実際に自分の目でみた風景の方がきれいと感じると思います。

鮮やかな写真は特にその傾向が強いです。

そういうときは写真の色合い調整をしましょう。彩度やティントを調整することで本来の色に近づけることができます。

また、コントラストを調整することによって明るさだけでなく色合いも変わってくるので、何か物足りないと感じるときにはこちらも試してみましょう。


簡単な写真加工はパソコンの標準搭載アプリでもできる!



仕事で使う写真の編集などはDesignPlus1へ!



まとめ

今更ひとに聞けない写真加工の基本について紹介しました。企業の広告にももちろん写真加工は必須ですが、最近ではSNSなどプライベートでも写真加工する機会は増えてきています。

写真加工のソフトやアプリにもよりますが、簡単な文章で書かれているものもあれば、用語で書かれているものもあります。

せっかく自分でやってみようとしているのに、分からない用語で書かれていたらやる気をなくしてしまいますよね。

また、基本的な写真加工に慣れてきて本格的なソフトやアプリを使おうとすると、やはり用語は分かっていた方がいいです。

実際に写真加工をしてみようと思うけど、どのソフトやアプリを使えばいいのか分からにという人は、手始めにスマホやパソコンに標準搭載されているソフトやアプリを使ってみましょう。

基本機能以外にも便利な機能がついているものもあるので、少なくとも何ができるのかの確認はした方がいいでしょう。

もし、今の自分ではできそうにない写真加工なら、写真加工を専門に扱っている「DesignPlus1」へ依頼しましょう。

写真は少し加工するだけでも驚くほど見た目が変わることがあります。難しそうだからと諦めずに標準統制ソフトやアプリを使って挑戦してみましょう。

ご不明な点はお気軽にご相談ください

フォーム、メールでのお問合せは24時間受付中