【低価格で高品質】DTP制作・WEB画像制作!白抜き、切り抜き、レタッチ、画像加工、写真加工ならデザインプラスワン

MENU

レタッチってどんな意味?【一般的なレタッチ要素を3つ紹介】

最近写真加工アプリが多くでていて、「レタッチ」という言葉も多く聞くようになったと思います。昔はプロが専用のソフトで行っていたことを、今では簡単にアプリで行えるようになりました。

今回は、そんなレタッチの意味はなんなのか、レタッチで行う写真加工要素はどんなものがあるのかを説明します。


レタッチってどういう意味?



どんなものをレタッチと呼ぶのか

レタッチといっても元データを編集することすべてといっても過言ではないので、一般的なレタッチ要素を3つ紹介します。

色調の調整


色調とは、色相・彩度・明度のことを指すのですが、そこを調整することで撮った写真の印象を変えることができます。

例えばくもりの日に撮った写真と、晴れの日にとった写真では光の量が違うので、写真自体の色味が大幅に違います。そんな時に色調の調整を行えば、まるで同じ日に撮ったかのようにみせることができます。色調が似ていれば、写真同士が隣に並んでも違和感を感じることがないので、サイトや雑誌を作る際に便利です。

写真同士の合成


異なったものが映った写真同士を一つの写真として合成することもレタッチの一つの要素です。

例えば、海外の海岸を撮った写真と、モデルが笑っている全身写真を合成することも可能です。この場合、モデルが笑っている全身写真の背景を切り抜き、モデルだけの写真にし、海外の海岸を撮った写真に重ねるだけで、合成写真が出来上がります。
もちろん、ただ重ねるだけでは違和感がでてしまうので、プロが行う場合、光源を気にして影をつけたり、モデルの写真のフチをぼかしたりなどして、さも実際にそこで撮ったようにみせます。

写真内の不要物除去


写真に不要物?と思う方もいると思いますが、観光地に行ったときに背景に人がいなければ…と思ったことはないですか?不要物とはそういうものを指します。一般的にはゴミ掃除と呼ばれており、人の顔であれば、シミやしわを除去することも同じレタッチの要素となります。
ポスターのような視覚を誘導することが大切な写真では、不要物を除去することで本来見せたいものをさらに強調できたり、無駄なものを除去することで、視点をコントロールすることができます。

しかし、ただ塗りつぶすだけでは違和感は出てしまいます。いかに背景はそのままに不要物を消すかが大切になってくるので、一番技術が必要なレタッチ要素になります。


ご不明な点はお気軽にご相談ください

フォーム、メールでのお問合せは24時間受付中