【低価格で高品質】DTP制作・WEB画像制作!白抜き、切り抜き、レタッチ、画像加工、写真加工ならデザインプラスワン

MENU

ビューティーレタッチって何?どんなことができるの?

ビューティーレタッチを行うことで、写真はぐっと良くなります。
今回は、ビューティーレタッチとは何か、PhotoShopのどんな機能を使うことによってビューティーレタッチを行うことができるのかをご紹介します。


ビューティーレタッチとは



どのような機能でビューティーレタッチをするのか

ここでは、PhotoShopで行えるビューティーレタッチの機能をご紹介します。

スポット修復ブラシツール


スポット修復ブラシツールは、不要な部分のみを消せるブラシツールになります。
一本だけ出てしまった髪の毛などを消すことができるので、そのような不要なものがある場合に使用したいツールです。

ぼかしフィルター


ぼかしフィルターは、レイヤーマスクと一緒に使い、肌などなめらかにしたい部分だけを複製したフィルターを作ることです。まるでファンデーションを塗ったような効果があるフィルターになるので、感覚的にレタッチが可能です。

しかし、あまりやりすぎると肌の質感がなくなり、不自然な肌になってしまうので、やりすぎないようにしましょう。

コピースタンプツール


コピースタンプツールは、特定の場所をコピーして、別のところに張り付けることができます。

この機能があることによって、肌の質感をそのままに、しわやほくろ、目の下の影などを消すことができます。もちろん全体の肌のトーンを上げることも可能ですが、一部分だけ消したい・明るくしたい場合はこのスタンプツールが最適です。

トーンカーブ


トーンカーブもレイヤーマスクと一緒に使い、特定の場所を明るくしたり、暗くすることができます。

例えば、目の色だけ明るくすることも可能ですし、髪の毛が茶髪だった場合、限りなく黒髪にすることも可能になります。

デジタルメイク


デジタルメイクは、その名の通り、デジタル上でメイクをすることです。様々な機能・ツールを駆使して行うので、一番難しいでしょう。

しかし、デジタルメイクなら、何もつけてないすっぴんの状態からつけまつげを付けることも可能ですし、キラキラしたアイシャドウを不自然ではない形でのせることも可能です。
ハイライトやシャドウも簡単に行え、理想のメイク顔をデジタルで実現することができます。


ご不明な点はお気軽にご相談ください

フォーム、メールでのお問合せは24時間受付中